株式会社NISHIHARAでは、自社のレーザ加工モニタリング技術により、レーザ溶接時の検査工程効率化や溶接品質の歩留まり向上など、レーザ加工検査分野で様々なご提案をさせていただきます。

会社沿革

会社沿革

1999年5月 千葉県柏市西原にて西原電子創業
マイクロコンピュータのハード・ソフト設計
2005年8月 有限会社西原電子設立
レーザ溶接技術関連製品の開発
2006年6月 POS端末の製品化
レーザ溶接モニタの開発
2006年12月 東葛テクノプラザへ入居
2009年10月 平成21年度ものづくり中小企業製品開発等支援補助金交付採択
2010年1月 経営革新計画の認定
2012年8月 レーザ溶接モニタ「NAS-2000シリーズ」出荷開始
2012年9月 レーザ溶接モニタ「AGLAIA-L」が「第13回千葉ものづくり認定製品」に認定
2013年7月 平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金採択
2013年9月 レーザセンサ・アンプ「NAS-400シリーズ」を開発
2013年9月 レーザコントローラ「NCL-100シリーズ」を開発
2013年9月 特許番号第5358775号「欠陥電極検出装置」取得
リチウムイオン電池の電極に使用されるアルミニウム合金の溶接欠陥を検出する
2014年3月 LD(半導体レーザ)+TEC(電子冷却)ドライバ「NOP-100」を開発
2014年4月 レーザ溶接モニタ「NAS-1000シリーズ」を開発
2014年4月 リングセンサ「NAS-30シリーズ」を開発
2014年8月 レーザコントローラ「NOP-110シリーズ」を開発
2014年9月 平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業に採択
2014年10月 レーザ溶接モニタ「NAS-3000シリーズ」を開発
2014年11月 大容量(10kW級)直流電源「NOP-120」を開発
2015年2月 生物・化学発光用ルミノメータ「NMI-120シリーズ」を開発
2016年6月 平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金に採択
2016年12月 東葛テクノ開発室を東大柏ベンチャープラザ内に移転
2017年1月 株式会社への組織改変と同時に社名を株式会社NISHIHARAに変更
東葛テクノ開発室を開発・製造事業部に名称変更

研究実績

2009年8月 平成21年度戦略的基盤技術高度化支援事業に採択 大阪大学との共同研究
「レーザ溶接数値化アルゴリズムでのインライン判定システムの開発」
2010年7月 中小企業元気づくり助成事業等助成金交付決定 千葉大学との共同開発
「高速画像処理による溶接時に発生する飛散物(スパッタ)の検知装置の開発」
2015年2月 生物・化学光用ルミノメータ 国立研究開発法人産業技術総合研究所 委託
「NMI-120シリーズ」の開発

特許(取得済み)

2013年9月13日 特許第5358775「欠陥電極装置
リチウムイオン電池の電極に使用されるアルミニウム合金の溶接欠陥を検出する

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社NISHIHARA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.